HOME > 6ツ割筋交い
用語集

6ツ割筋交い

木造軸組工法の住宅において、柱(垂直材)と横架材の間に組み入れる筋交いの太さが、幅9cm×奥行き1.5cmのものを「6ツ割筋交い」(9cm角の木材を6等分して奥行き1.5cmにすることから6ツ割という)と呼んでいる。 建築基準法では、6ツ割筋交いを1本入れた場合の耐力(壁倍率)を1.0、2本をたすきがけにした場合の耐力(壁倍率)を2.0としている。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら