HOME用語集 > 劣化対策等級
用語集

劣化対策等級

住宅性能表示制度により、建物の構造部分に用いられる木材のシロアリ対策や鉄筋の錆び対策など、住宅を長持ちさせるための対策の程度を示す等級である。 ちなみに建築基準法が定める対策が講じられている場合は「等級1」、2世代(50年~60年程度)まで長持ちするように対策が講じられている場合は「等級2」、さらに3世代(75年~90年程度)まで長持ちするように対策が講じられている場合には「等級3」と評価される。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら