HOME用語集 > ラスシート打ち付け軸組
用語集

ラスシート打ち付け軸組

木造住宅において、柱(垂直材)と横架材の間にラスシート(塗り壁用の下地材。 亜鉛メッキが施された角波形の薄い鉄板に平ラスを溶接したもので、鉄板の厚さ 0.4m以上、メタルラスの厚さ0.6m以上)を張って耐力壁としたもの。 建築基準法では、その耐力(壁倍率)を1.0としている。 また筋交いを入れて、その上から構造用合板等を張り付けた場合には、筋交いの耐力(壁倍率)を加算してもいいことになっている。 例えば3ツ割筋交い(1.5)との併用では、「1.0+1.5」で耐力(壁倍率)は2.5となる。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら