HOME用語集 > 要介護等状態区分
用語集

要介護等状態区分

介護保険制度の改正法では、日常生活で支援が必要な状態を「要支援1~2」、常に介護が必要な状態を「要介護1~5」に分類している。 「要介護1~5」に認定された場合は、介護サービスの「住宅改修費の支給」を利用することができる。 また「要支援1~2」に認定された場合は、「介護予防住宅改修費の支給」を利用することができる。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら