HOME用語集 > 有効開口面積
用語集

有効開口面積

住宅の居室には、換気に有効な窓などの開口部を設けなければならないことになっている。 これを自然給排気口の有効開口面積と呼ぶ。 換気に必要な開口部の大きさは、居室の床面積の20分の1以上(採光における有効開口面積や排煙における有効開口面積とは、規定が異なる)と定められている。 また、住宅性能表示制度では、空気環境に関する等級の「換気対策」の項目において、住宅を「気密住宅」と「気密住宅以外」とに分け、それぞれに求められる自然給排気口の有効開口面積を示している。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら