HOME用語集 > 屋根の塗り替え工事
用語集

屋根の塗り替え工事

金属板の屋根は、経過年数によって塗装膜の劣化やはがれ、錆の発生などが見られる。 そのため、3年~5年ごとに(立地条件によって異なる)錆落とし等のメンテナンスと、塗り替え工事を行う必要がある。 また錆が目立つようになったら、10年~15年をめどに、屋根の葺き替えを行うといいだろう。 この時、雨樋の塗り替えや交換も、同時に行うのが一般的だ。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら