HOME用語集 > 屋根形状係数
用語集

屋根形状係数

積雪荷重を計算する時に用いられる係数で、屋根勾配をもとに設定されている。 例えば多雪区域外の地域では、単位荷重(20N/cm・ m2)×屋根の水平投影面積×屋根形状係数×垂直積雪量で、積雪荷重を求めることになる。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら