HOME用語集 > 木造枠組壁工法
用語集

木造枠組壁工法

4面の耐力壁と床・天井で構成する6面体のボックス構造をベースにして住宅を建設する工法・構造のこと。 2インチ ×4インチのランバー(製材)枠に構造用合板を張ってパネル壁をつくる「2×4工法」(ツーバイフォー工法)や、2インチ×6インチのランバーを使用する「2×6工法」(ツーバイシックス工法=北米系の輸入住宅に多い)、さらにランバーや構造用合板で構成される壁パネルを工場で製造して、現場で組み立てる「木質パネル工法」(北欧系の輸入住宅に多い)などを合わせて、広く「枠組系」と呼ばれている。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら