HOME用語集 > 丸太組工法
用語集

丸太組工法

樹皮を剥いだだけの丸太材や角材を水平に積み重ねて壁を構成していく工法のこと。 壁材が交差する部分は、相互の材を交互に組み合わせていく。 奈良の正倉院に見られる「校倉(あぜくら)造り」や欧米諸国や山間部、リゾート地に多いログハウスもよく似た工法だが、わが国では地震が多いため、壁材の交差部にボルトを入れて耐震性を高めることが多い。 ちなみに丸太組工法で建設される輸入住宅を「ログハウス」と呼んでいる。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら