HOME用語集 > 丸鋼筋交い後付け工法
用語集

丸鋼筋交い後付け工法

建物の外側に、9mmの太さの丸鋼をたすき掛けに取り付けて、土台と柱、柱と桁・梁とを緊結する工法のこと。 これにより、窓などがある開口部でも、壁強さ倍率3.2が確保できるという。 また必要に応じて、コンクリート布基礎へケミカルアンカーで固定することで、引き抜き防止効果を高めることも可能だ。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら