HOME用語集 > 曲げヤング係数
用語集

曲げヤング係数

「弾性係数」、あるいは単に「ヤング係数」「ヤング率」とも呼ばれている。 木材に加えられた「曲げの力」と、その時の木材の「縦歪みやたわみ」の程度の関係を表す数値のことで、数値が大きいほど(曲げ)強度が高いといわれている。 ちなみに弾性限度内(外力を加えた時に変形し、外力を取り除いた時に完全に回復する限界点のこと)においては、〔垂直応力度(部材の断面に対して垂直方向に作用する外力)=ヤング係数×縦歪み度〕の関係が成立する。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら