HOME用語集 > 本鳥の子紙
用語集

本鳥の子紙

襖(ふすま)の上貼りに用いられる最上級の襖紙を「本鳥の子紙」という。 野生の雁皮紙(ガンピシ=ジンチョウゲ科の植物)を手漉きにしたもので、紙肌は柔らかく、色は赤クリームの自然色で、これを「鳥の子色」と呼んでいる。 また独特の艶(光沢)があり、湿気に強く、保存性が高いという特徴もある。 江戸時代には、越前産の鳥の子紙が最上品といわれていた。 価格は1枚(幅約95cm、高さ約195cm)当たり、5
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら