HOME用語集 > 防火設備
用語集

防火設備

防火戸やドレンチャーなど、火炎を遮る設備を防火設備という。 また、隣地境界線や道路側に面して設けられた開口部(玄関や勝手口、窓等)を遮るかたちで設置された、外壁や袖壁、塀なども防火設備の1つとして見なされる。 例えば、鉄製のドアに網入りガラスをはめ込んだものや、スチールサッシに網入りガラスをはめ込んだものなどが、防火設備としてあげられる。 2000年(平成12年)6月に改正建築基準法が施行され、旧来の「甲種防火戸」と「乙種防火戸」の分類が、「特定防火設備」「防火設備」に改められた。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら