HOME用語集 > ポイドスラブ工法
用語集

ポイドスラブ工法

マンションなどの集合住宅において、厚さ250mm~300mmのコンクリートスラブに鋼管(ボイド管)を通し、スラブ自体で床や天井支える工法・構造のこと。 従来のコンクリートスラブ(厚さ150mm程度)に比べて、剛性や強度、遮音性に優れた工法だといわれている。 また部屋の中に小梁が突き出したりしないため、すっきりとした居住空間を楽しむことができる。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら