HOME用語集 > 踏み面
用語集

踏み面

階段で上り下りする時に、足を乗せる板の有効な奥行きのこと。 階段の踏み板の平らな部分すべてを指すのではなく、水平投影した場合の奥行きを「踏み面」と定義されている。 つまり、蹴込み板(踏み板と踏み板の間にタテ方向に設けられた板)が斜めに設置されている場合には、段鼻(踏み板の端の部分)よりも奥まった部分のスペースは踏み面から除外されることになる。 建築基準法では、踏み面は15cm以上必要とされているが、安全に上り下りするには20cm~30cmぐらいは必要である。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら