HOME用語集 > 普通借地権
用語集

普通借地権

1992年(平成4年)8月1日に施行された新借地借家法で改正された借地権の1つ。 契約更新のない「定期借地権」に対して、賃貸借契約の期限がきても、地主の側に土地を返してもらう正当の事由がなければ、借地人が望む限り自動的に借地契約は更新されるというもの。 借地権の存続期間を当初30年とし、更新すると第1回目のみ20年、以後10年とする。 また、契約終了時に、地主に建物の買い取りを請求することもできる。 対して、1992年7月以前に契約された普通借地権は「旧借地権」ともいい、旧法が適用される。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら