HOME用語集 > 吹き上げ荷重
用語集

吹き上げ荷重

木造住宅などが台風や強風を受けた際に、したから吹き上げる風が軒や垂木に作用して、屋根を吹き飛ばそうとすることが多い。 この時の吹き上げる風圧力を「吹き上げ荷重」という。 一般に、地盤面からの軒の高さが高いほど、また、軒の出が大きいほど、吹き上げ荷重は大きくなる。 吹き上げ荷重は〔(風係数×風圧力-自重)×軒の出〕で求められるが、軒の出が910mmを超える建物は、特に注意が必要だといわれている。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら