HOME用語集 > 引っ張り筋交い
用語集

引っ張り筋交い

住宅などの構造部にかかってくる「引っ張り力」を受け止め、引っ張り力による柱・梁などの変形をくい止めるのが「引っ張り筋交い」である。 建築基準法では、直径9mm以上の鉄筋か、6ツ割筋交い(1.5cm×9cm)以上の部材を筋交いとするよう定めている。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら