HOME用語集 > 柱ほぞ抜け防止工事
用語集

柱ほぞ抜け防止工事

柱と柱、柱と土台などを接合する際に、一方の柱や土台の先端に突起(ほぞ)を設け、一方の木材に穴(ほぞ穴)を開けて継ぐことが多い。 その際、地震などの揺れで柱が抜けないように接合金物を取り付けることを「ほぞ抜け防止工事」という。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら