HOME用語集 > 場所打ちコンクリート杭
用語集

場所打ちコンクリート杭

建設・工事現場において、所定の場所を堀削して、その中に鉄筋コンクリート製の杭を打ち込むこと。 ちなみに、規制の鉄筋コンクリート杭を打ち込む(あるいは埋め込む)やり方を「規制鉄筋コンクリート杭」という。 建築基準法では、敷地の地耐力(地盤が建物の荷重を支え続ける強さのこと)に応じて、場所打ちコンクリート杭などの基礎杭か、ベタ基礎、布基礎を選択するよう定めている。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら