HOME用語集 > 認知症老人徘徊感知機器
用語集

認知症老人徘徊感知機器

認知症の老人が屋外へ出ようとした時、センサーでそれを感知して家族などに通報する機器・システムのこと。 レンタル福祉用具やレンタル介護予防福祉用具の対象となるが、ベッドなどから離れた時に感知して知らせるタイプの機器は対象外である。 赤外線センサーや重量センサーを用いたもの、お守りのように利用者の身に小型発信機を付けるものなど、様々なタイプがある。 その中で、徘徊感知器の発信部と報知器部分を無線でつなぐタイプは、機種や建物の構造によって有効距離が異なるので、まずそれを確認する必要がある。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら