HOME用語集 > 二重床・二重天井
用語集

二重床・二重天井

コンクリートスラブと内装床・内装天井を離して仕上げる工法。 床の工法では、スラブの上に根太や支柱を均等に配置した「置き床工法」、防振材を挟む「浮床工法」がある。 分譲マンションで説明される「二重床」は防振ゴム付の支柱で支える「「置き床工法」が主流(さら防振材で補填するものもある)で、床の間(天井の間)に配管や配線を通してメンテナンス性を高めている。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら