HOME用語集 > 難燃薬剤
用語集

難燃薬剤

可燃性の材料に浸透・混入させて、燃えにくくする薬剤のこと。 例えば、隣酸エステル、三酸化アンチモン、塩化パラフィン(以上を添加型という)、ポリエステル中間体、ポリウレタン中間体(以上を反応型という)などが、難燃薬剤の代表例である。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら