HOME用語集 > 特定防火設備
用語集

特定防火設備

防火区域内に建物を建てる場合に、開口部に設置しなければならない防火設備のこと。 2000年(平成12年)6月の改正建築基準法施行前の「甲種防火戸」と、求められる防火性能はほぼ同じ。 例えば、厚さ1.5mm以上の鉄製防火ドアや鉄製シャッター、鉄骨枠の両面に厚さ0.5mm以上の鉄板を張った防火戸(フラッシュドア)などが、特定防火設備の代表例である。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら