HOME用語集 > 道路斜線制限
用語集

道路斜線制限

道路を挟んで向かい合う建築物の良好な環境の確保や、道路上の日照、通風、採光などを確保するために、建築物の高さや形状を規制することを「道路斜線制限」という。 具体的には、道路の反対側の境界線から一定の距離の範囲内において、建物を建てようとする敷地の上空に向かって一定の勾配の斜線(住専系、住居系地域では1.5、その他の地域では1.25)を引き、その斜線より上に建物が出ないように規制するというものだ。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら