HOME用語集 > ツーバイフォー工法(2×4工法)
用語集

ツーバイフォー工法(2×4工法)

北米で生まれた建築工法で、「枠組壁工法」ともいう。 躯体を構成する時に、厚さ2インチ×幅4インチの断面の部材を多く使うことから、ツーバイフォー工法(2×4工法)と呼ばれる。 軸組工法(在来工法)が躯体を柱や梁で支えるのに対して、ツーバイフォー工法は床や壁、天井といった「面」で躯体を支えるのが特徴。 柱のない広い空間が確保でき、耐久性、耐震性に優れ、断熱性も高い。 施工が簡単で、工期も比較的短い。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら