HOME用語集 > 直下型地震
用語集

直下型地震

都市の真下で発生する地震を直下型地震という。 例えば、1995年(平成7年)1月に発生した阪神・淡路大震災(マグニチュード7.2)などが、直下型地震の代表例だ。 直下型地震は、偶然に都市などの真下の浅いところで発生したマグニチュード6~7規模の地震で、地震による建物の倒壊や火災のほかに、電気・ガス・水道・電話などのライフラインの崩壊に伴って、大きな被害をもたらす傾向が高い。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら