HOME用語集 > 鳥眼杢(ちょうがんもく)
用語集

鳥眼杢(ちょうがんもく)

小鳥の目のような小さな円形の斑点が、板面上にたくさん散らばって現れる杢目を「鳥眼杢」あるいは「鳥目杢」という。 カエデ類に多く現れる杢目で、中でも「バーズアイメープル」(北米に生育するカエデ科の樹木で、シュガーメープルとも呼ばれている)が有名である。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら