HOME用語集 > 中級織物襖紙
用語集

中級織物襖紙

長繊維のレーヨン糸やスラブ糸、ネップ糸などの意匠稔糸で織ったものを「中級織物襖紙」という。 絵柄は手加工または機械加工で、上品な柄が数多く用意されている。 ちなみにスラブ糸、ネップ糸ともに、人工的に斑を作った糸のことで、太さが均一ではないものをスラブ糸、小さな粒が表面に表れているものをネップ糸という。 価格は1枚(幅約95cm、高さ約195cm)当たり、1
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら