HOME用語集 > 短期許容応力度
用語集

短期許容応力度

地震力・風圧力などの短期荷重や外力に対する許容応力度(各部材に生じる抵抗する力の限界点のこと)を、「短期許容応力度」という。 建築基準法では、基準強度(部材の種類や等級ごとに定められた強度の下限値のこと)を2/3倍した値を短期許容応力度として、構造設計時に用いることと規定している。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら