HOME用語集 > 耐力壁ブレース工法
用語集

耐力壁ブレース工法

木造軸組工法の耐震性を高めるために開発された、木造の筋交い(ブレース) に代わる補強方法だ。 鋼製の2本の柱と2本の梁を組み合わせたキッドの内側に、丸棒のブレースをたすき掛けに取り付けたもので、幅は約半間。 これを既存の壁の中に取り付けることで、建物全体の剛性バランスを高める仕組みである。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら