HOME用語集 > 太鼓挽き
用語集

太鼓挽き

丸太材の木口の長径を縦軸にして、左右の丸みの背板を挽き落とし、木口が太鼓を側面から見たような形状にする挽き方を「太鼓挽き」という。 別名、「太鼓落とし」ともいう。 太鼓材は、主に小屋梁などの見え隠れ部材(施工後、壁の中や天井裏に隠れて見えなくなる部材のこと)に用いられる。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら