HOME用語集 > 損傷限界耐力
用語集

損傷限界耐力

住宅などの建築物が、およそ50年に1回程度遭遇する可能性が高い地震(L1地震)に対して、構造体に損傷が発生しない限界値を損傷限界耐力という。 ちなみに「耐力」とは、部材が地震や台風などの外力を受けて、破壊するまで耐えることができる最大荷重のこと。 建築基準法では、損傷限界耐力時の地震力に対して、住宅の構造材として使用されている部材が許容応力度(構造計算上の限界点)以下になるように設計することを求めている。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら