HOME豆知識総合 > 「環境にやさしく快適に暮らす」
豆知識

「環境にやさしく快適に暮らす」

地球温暖化をくい止めるには、家庭でも二酸化炭素の排出をできるだけ抑えることが大切。環境にやさしい暮らし方を考えてみました。

家庭でも二酸化炭素の排出をできるだけ抑えることが大切

家庭での二酸化炭素排出の大半を冷暖房が占めています。 国をあげて建設が推進されている省エネ住宅はエコ住宅とも呼ばれ外気の影響をあまり受けないための環境負荷が少なく 冷暖房費も抑えられる住まいです。省エネ住宅の基本は「高断熱・高気密」。 いわば家全体を魔法瓶のように覆う考え方。天井・壁・床を断熱材で包むことで冬は冷気を遮断し暖気が逃げるのを防ぎ 夏はその逆で効率的な冷暖房を可能にし、外気の影響をあまり受けずに済む家が省エネ住宅です。

暮らしを見直すことも大切

リフォームする場合、どんなところをポイントにすれば良いでしょう。 暖房時の熱の流出は開口部が一番多いので、屋根・壁・床に断熱材を入れることも重要ですが、まずは窓周りを考慮する必要があります。 ガラスを複層ガラス(2枚のガラスの間に空気を閉じ込めたもの)に替えるだけでも断熱性能が3割アップするほか、 木やプラスチック製の断熱サッシなどを組み合わせるとさらに効果的。家全体の窓ガラスを替える方が「高断熱・高気密」になります。 ただし、高気密にすると「換気」が必ず必要になるなど、専門的な知識が必要ですから、エコ住宅に対する知識の豊富な会社や建物の性能についてよく理解している専門家に相談するのが一番です。 冷暖房が必要な冬や夏は「閉じる」ことで冷暖房効率を高め、気候の良い季節は「開ける」ことで、太陽や風など自然の恵みを上手に生かしましょう。 また、省エネ家電を選び、設定温度を見直すなど暮らし方を見直すことが大切です。

 

◆環境にやさしい住まいとは?

 

南面の開口   

南面に大きな開口部を設けて夏は風の通りをよくし、冬は日光を取り入れることで暖をとる

 

庇の利用   

庇の出を利用して、夏の強い日差しを防ぐ

 

樹木(落葉樹)の利用   

窓側に落葉樹を植え、夏の高い日差しを防ぎ、冬の低い日差しを取り入れる

 

ペアガラスによる保温   

窓を2重にすることで、熱の出入りを減らす

 

断熱材による保温   

断熱材で熱の出入りを減らす

 

一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら