HOME豆知識総合 > 「見積もりを通して信頼できる依頼先を選ぶ」
豆知識

「見積もりを通して信頼できる依頼先を選ぶ」

見積もりといっても、各社さまざまです。 陥り易い失敗と、比較するコツをお話します。

安いのはA社・B社?

同じ工事の見積もり依頼をし、A社が100,000円、B社が150,000円だとA社が安いと思いがちですが、一概にA社が安いとは言い切れません。それぞれの会社によって「標準」とされている工事や「サービス」は違います。それによって仕上がりも値段も変ります。

 

◆見積書からでは見えにくい金額の差のできやすい部分の例

 

・壁下地の厚みの違い

・断熱材の種類の違い

・クロス仕上げの下地処理の程度の違い

・既存部分が汚れないよう覆う「養生」の程度の違い

・クリーニングの程度

・工事管理の程度の違い

・インテリアコーディネートの有無や程度

・工事の検査方法やアフターサービスの程度

・引越しサービスや仮住まいサービスの有無や程度など

 

グレードが高くサービスが多ければその分費用がかかります。

工事の範囲が違う

同じように見積もりを依頼したつもりでも、実は工事範囲の解釈が違っていたというケースです。

 

◆同じ工事の依頼でも見積もりの範囲が金額の差となります

 

例えば、扉1枚の交換  

扉1位だけの見積もりの場合もあれば、扉に合わせた扉枠まで見積もりしている場合があります。 当然範囲が違うのですから金額は違ってきます。

 

工事の範囲をよく確認して比較することが大切です。

値引きの大きい会社・経費の安い会社?

一般的には、値引きが大きく、経費の安い会社のほうがお得と思われますが、建築業界では見積もりの形式に統一されたものはなく、 値引きの書き方や経費の書き方も様々です。単価の単純な比較に意味はないのです。

 

◆見積書の経費の書き方

 

・経費を工事項目と別に書く

・経費を工事項目に加算し、経費として書かない

・経費の一部を工事項目に加算し、一部を経費として書く

信頼できる依頼先を見極める

見積もりは、単純に安さを見るのではなく、信頼できるリフォーム会社選びの参考として、工事内容・サービス内容などを細かく確認しましょう。そして自分に必要としているリフォームの工事内容やサービスであるかどうか、会社の姿勢はどうか、よくみて選ぶことが大切です。
一覧へ

ページTOPへ

無料相談はこちら