HOME社長日記 > スケルトンリフォーム 解体工事

社長日記

スケルトンリフォーム 解体工事
2012年6月23日
戸建て住宅スケルトンリフォーム現場の、解体工事が本日よりスタートしました。

2階の床梁が顔を出しました。これでよりいっそう補強計画が明確になっていきます。

元々キッチンだったところの壁はやはりひどく腐っていました。 水周りは防水処理をしっかりしなくてはならないと、改めて感じます。

2m近くある巨体の「もっちゃん」は、スロバキアの人です。 日本語がうまく、私のオヤジギャグも笑うところをしっかりわかっていて、絶妙なタイミングで笑ってくれます。 スタッフの山下さんも見習ってほしいものです、、、 ちなみに「もっちゃん」は、望月さんと言います。 自己紹介で「望月です!」といわれたとき、?????   てな感じでした、、、、 私が自己紹介をするときに「ジェームスです!」と言ったら皆さんはどう思いますでしょうか? そんな感じでした、、、、、

小屋梁は耐震診断のときに確認済みでしたので、予想通りです。 さて、明日から解体工も増員して、どんどん工事が進んでいきます。 所さんのTV取材はありませんが、本当に戸建て住宅のスケルトンリフォームは見せ場が多いです。 経験とスキルを要するスケルトンリフォームは、まだまだ施工できる業者が少ないです。 カプライは、早くから建て替え出来ないお家をリフォームするお手伝いを行ってきた為、ノウハウが蓄積されていて、職人さん達もついてきてくれています。 決して簡単ではない「戸建て住宅スケルトンリフォーム」は蓄積された経験とスキルが必要で、何よりも現場力である職人さん達のチームワークで成り立っています。 明日もチームワークで現場を安全に進めてまいります。

ページTOPへ

無料相談はこちら